実写版「美女と野獣」にポルトガルの図書館が!

4月21日(金)、日本公開予定の実写版『美女と野獣』🌹

今回は主演をエマ・ワトソンが演じ、セットもアニメに忠実…
ということで既に話題沸騰中です。そして、なんと!

映画に出てくる書斎がポルトガルのジョアニナ図書館にそっくり!なのです。




女の子が一度は憧れるディズニープリンセス。

私の一番は、昔から『美女と野獣』のベルです。

凛としてるけど気取らない美しさ。
本が好きという知的な一面や人や動物にやさしいところ。
そして何より人を外見で判断しない賢さがとても好きです。

子供の頃、好きな王子様は野獣!と言い切っていました。
ディズニーごっこでは、野獣の王子様は避けられてたので、私はいつもライバルなし😊

そんな幼少期の良き思い出『美女と野獣』。
実写版の中でポルトガルの図書館の世界が楽しめるとは…とても嬉しいです!

モデルとなったのはジョアニナ図書館(A Biblioteca Joanina)。
13世紀デニス1世の時代に創立されたポルトガル最古の大学、コインブラ大学にあります。

大学の広場。その壮麗さ、伝わるでしょうか。

こんな素晴らしい彫刻に普通に出会います

16世紀から18世紀の貴重な書籍など30万冊を越える蔵書があるジョアニナ図書館。
まさに『美女と野獣』の世界観にぴったりですね。

ジョアニナ図書館と映画のシーンについては、コインブラ大学のページで紹介されています。
http://noticias.uc.pt/in_english/the-baroque-joanina-library-can-be-seen-in-the-new-film-the-beauty-and-the-beast/

そしてジャクリーン・デュランが手掛けた黄色のドレスにも嬉しいポイントが。
壮麗な舞踏の間の雰囲気と合うよう、フィリグリーをドレスのフリルに入れています。
2,000以上のスワロフスキーで飾り、制作には12,000時間(500日!)もかかったそうです。


ビデオはこちら https://youtu.be/AUf3C2-q4Y4



4月21日の公開が待ち遠しいです。
こちらのビデオでは、アニメ版と実写版の予告編が同時に見れます。
本当に忠実に実写化されています!



良い一日を🌹


今日のフィリグラーナはエタニティラブ
エレガントで柔らかい雰囲気を胸元に。大人かわいいアイテムです。
Filigrana com Amorさん(@filigranacomamor)がシェアした投稿 -



ポルトガルジュエリー・アクセサリーは、フィリグラーナ・コン・アモール
フィリグラーナ・コン・アモール オフィシャルサイトへ









ポルトガル情報はにほんブログ村 
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

#フィリグリー #フィリグラーナ #フィリグラーナコンアモール



0 件のコメント :

コメントを投稿


金銀線アクセサリーはフィリグラーナ・コン・アモール

この上ないラグジュアリーを日常に*エレウテリオ

一般社団法人日本ポルトガル協会は、2018年に創立50周年を迎えます