ポルトガル人だから残せた伝統的な職人技!

ポルトガルには昔から続く伝統的な仕事があります。 

その一つが、私が輸入をしている「フィリグラーナ」です。




フィリグラーナは今から5000年も前に、フェニキア人が始めた金細工が起源と言われています。

大航海時代に繁栄を謳歌していたポルトガルですが、17世紀になり海外領土ブラジルからもたらされる金をふんだんに使うようになり、ポルトガルにも伝わっていたフィリグラーナを、より洗練されたジュエリーへと発展させていったのです。

今回のメルカード・ポルトガルさんのコラムでは、
その職人技についてポルトガル人の国民性とあわせてご紹介しています。
どうぞご覧ください。こちらです。⇒ https://goo.gl/ujmAK6

全ての工程を丁寧に・・・職人がフィリグラーナに息を吹き込みます。





今月は東京にて展示会もしますので、この機会にフィリグラーナを見に来てくださいね。

日時:2016年11月18日(金)、19日(土)10:00~18:00
場所:アトムCS タワー1F ギャラリーショップKANAGU(東京都港区新橋4-31-5)

お待ちしております♪




ランキングも参加していますので、ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村


 

0 件のコメント :

コメントを投稿


金銀線アクセサリーはフィリグラーナ・コン・アモール

一般社団法人日本ポルトガル協会は、2018年に創立50周年を迎えます