ファドライブに行ってきました!

昨日はファドライブに行ってきました!

ファドとは、リスボンの下町で生まれ歌い継がれてきたポルトガルの民衆の歌です。
19世紀くらいに生まれたと言われています。

日本でもこのファドを歌うファディスタの方・ギターリストの方がいらっしゃいますが、
今回は古関陽子さん・高柳卓也さん・飯泉昌宏さんのコラボレーションFADOライブに伺いました。

場所は都内にあるポルトガル料理レストランの老舗、マヌエル カーサデファド四ツ谷店さん。

四ツ谷駅から徒歩3分くらいで便利。国旗が目印です。

ランチはポルトガルの美味しい味が揃ったコースでした!
前菜の盛り合わせ


最後にはポルトガルプリンがデザートに♪

美味しいランチを頂いた後は、お待ちかねのファドライブです。

高柳卓也(TAKU)さんのファドは以前からとても好きなので、
何度か聴かせて頂いたことがあったのですが古関陽子さんのファドは今回が初めてで、
予約した時から、とても楽しみにしていました。

1曲目は、Lágrima(涙)。
ファドの女王アマリア・ロドリゲスが自ら作詞した曲ですが、
古関陽子さんの歌声とその歌詞がぐーと心にしみました。
思わず私もうるうるきましたよ・・。

その後も、明るく可愛い曲Maria Lisboa (マリア リスボア)やEstranha forma da vida(このおかしな人生)、foi deus(それは神だった)など、6~7曲ほどたっぷり!!


TAKUさんのLisboa menina e moçaも素敵でした。
この曲は美しいリスボンを若くて可愛い女の子と例えた歌で、
男性ファディスタが歌われると本当にいいんですよね。リスボンという街への愛が溢れています。
実はファドの中で私が1番か2番目に好きな曲です。



そして、やっぱり飯泉昌宏さんの美しいポルトガルギター!!
あの音色を聞くと、あーっという間にリスボンの連れ戻されてしまいます。

私は第2都市のポルトびいきですが(笑)、昨日はすごくリスボンに行きたくなりました。

それにしてもなんとも贅沢な日曜日のランチでした。

そして古関陽子さんには、
フィリグラーナ・コン・アモールにイヤリングのカスタムメイドオーダーを頂いていたのですが、
昨日つけて歌って下さいました・・・さらにはライブ中お客様にご紹介までして頂きました。
感動です!ありがとうございます!


本当に綺麗ででうっとりしました。イヤリングもとってもお似合いです♡
オーダー頂いた大ぶりのフィリグラーナイヤリング


11月2日もマヌエルさんでライブをされるようです。
気になる方は是非チェックしてみて下さいね♪ ⇒ http://r.gnavi.co.jp/a214100/menu4/

最後にはリスボンを描いたタイルの前で写真まで・・・本当にありがとうございます!


週末にしっかりリフレッシュできたので、さぁ今週もがんばります!



ランキングも参加していますので、ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村


 

0 件のコメント :

コメントを投稿


金銀線アクセサリーはフィリグラーナ・コン・アモール

この上ないラグジュアリーを日常に*エレウテリオ

一般社団法人日本ポルトガル協会は、2018年に創立50周年を迎えます